定善と散善①

梯實圓著『親鸞聖人の教え・問答集』のp31~32より引用

 ところが、経には牢獄でのたうち回るほど苦しんでいた韋提希が、釈尊にお願いしたことは、「われに思惟を教へたまへ、われに正受を教へたまへ」と、定善と呼ばれる修行法を教えていただきたいと要請しました。定善とは、坐禅の一種でして、端坐して身心を安定させ、心を一点に集中して動かすことなく、阿弥陀仏とその浄土を正確に心に顕現させる修行法でした。それは、観察とも観念ともいわれるように、清らかに輝く浄土の荘厳の有様と、広大無辺な功徳を実現されている阿弥陀仏と、その脇士である観音・勢至の二菩薩の素晴らしい姿を目の当たり観念し確認していく十三種の観法でした。しかしそれは、出家して俗縁を離れ、愛憎の煩悩を離れて、長年にわたって心を一点に集中して真理を瞑想する修行を続けた人がようやくだどり着けるような困難な修行でした。わが子のために牢獄に監禁されて身も心も乱れはてて、狂乱しているような韋提希にできるはずのない行です。しかし釈尊は、極めて勝れた修行者ならば、この土にありながら浄土を確認し、阿弥陀仏を目の当たり拝見することもできることを知らせるために、あえて十三種の定善と呼ばれる観念の修行法を説かれたのでした。
 しかし釈尊は、韋提希は要請しませんでしたが、さらに広く往生を願う人の中には、自分が積み重ねた善根によって、浄土に往生したいと願う人のいることを考慮されて、そのような善人のために、散善の行を説かれました。散善とは、心を静める定善に対して、散り乱れた日常の心のままで、悪を慎んで、善を励むことをいいます。その善なる行為を九種類に分けて説かれているので九品の往生と呼び習わしています。まず大乗仏教で説かれている自利・利他の善を行福といい、上品上生・上品中生・上品下生に三種に分けて説かれています。次に戒律を中心にした小乗の善を戒福と名づけ、中品上生と中品中生に説かれています。次に世間の善を世福と呼び中品下生として説かれています。
 さらに『観経』では、定善も散善もできなくて、一生涯悪業ばかりを造っていた悪人も、臨終に善知識に遇い、念仏して往生する姿が説かれています。下品上生は、比較的軽い悪人の往生を表わし、下品中生は中程度の悪人の往生を表わし、下品下生は極重の悪人の念仏往生が説かれています。



コメントの一覧



コメントの投稿

秘密

   
当ブログについて

 当ブログは、高森顕徹氏が会長を務める「宗教法人・浄土真宗親鸞会」の邪義を破っていくものです。目に余る親鸞会の醜状を歎き、ここに真宗の正義を綴りました。

※メイン記事の最終更新は2013年の2月であり、親鸞会の教義や組織に関する情報はそれ以前のものに基づいております。

管理人:黒猫

 関東在住の念仏者です。有り難くも阿弥陀様よりご信心を恵まれ、お念仏申す人生を送っております。

南無阿弥陀仏

目次
サイトマップ

全ての記事を表示

推薦書籍
お問い合わせ

お名前
メールアドレス
件名
本文

リンク